神戸金史さん×東ちづるさん 1月25日講演会開催!

『障害を持つ息子へ』神戸金史さん講演会
【障害児とともに生きるということ】
2017年1月25日 八重洲ブックセンターにて

『障害を持つ息子へ』が大ヒット中の神戸金史さん。
相模原障害者殺傷事件を受け、自閉症の長男への想いを綴った詩が感動を呼び、
『NEWS23』など多くのメディアで紹介されました。
本書は、その詩と、長男と歩んだ17年間の軌跡をまとめた手記です。
障害を受け入れられなかった悔悟、知らずにいた妻の苦労、次男の想いも初めて語られます。
相模原事件では、被害者の名前が伏せられたことで、被害者の実態が伝わらないという弊害がありました。
記者として、障害児の父として、報道のあり方や障害者の実情をお話しします。
スペシャルゲストは女優・一般社団法人「Get in touch」代表としても活動中の東ちづるさん!
誰も排除しない、排除されない「まぜこぜの社会」を目指す東さんと、今の障害者を包む空気や社会について語り合います。

日時:2017年1月25日(水)19時~(開場:18時30分)
場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

http://www.yaesu-book.co.jp/access/

【参加方法】
 ▼参加定員:80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
 ▼申込方法:1階カウンターにてお申し込みください。整理券を差し上げます。
       また、お電話によるお申し込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)
       (整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます)
 ▼参加費: 500円(イベント当日 会場入口にて整理券をご呈示の上、参加費をお支払いください)

※当日、『障害を持つ息子へ』(神戸金史著)、『わたしたちを忘れないで―ドイツ平和村より』(東ちづる著)を販売いたします。

 詳細はこちら