第14回「怒り」

日々イラストやコラムを描き、 人々を楽しませ“大人の世界”を 生きてきた五月女ケイ子。 やがて結婚し、月日が流れたある日、 「はる」という生物がやってきて……!?


大阪事件は5歳のとき。4歳で外に出されたあとは、「よーし、このことは忘れるように、忘れるお薬飲もう」とホットカルピスを作って飲みました。しかし、逆にそのこと、今でもよーく覚えてるみたいです。4月で7歳になる、はるの怒りはさらに洗練され、いいところで母がムカッとくる毒ワードを入れてくる。そのタイミングと言葉選びといったら、天才かと思います。うまく術中にはまります。神様が与えてくれた修行でしょうか。最後には寂聴先生のようになれますように。