第19回「物心」

日々イラストやコラムを描き、 人々を楽しませ“大人の世界”を 生きてきた五月女ケイ子。 やがて結婚し、月日が流れたある日、 「はる」という生物がやってきて……!?


4歳のはるが怒って大好きなミニーのタオルを切ってしまった時。我に返り号泣するはるに「これはね、今のことを忘れてしまうお薬だよ」とホットココアを飲ませてあげました。我ながら素敵と思ったのですが、演出が過剰すぎたからか、今でも鮮明に覚えているようです…。逆に、近頃めっきり忘れっぽくなった私。みた映画の記憶もはるの方が断然覚えています。この先の思い出の数は、はるの物心と私の忘却力のせめぎ合いになりそうです。