第6回 はるちゃん4歳バースデー記念号「おやすみ」

日々イラストやコラムを描き、 人々を楽しませ“大人の世界”を 生きてきた五月女ケイ子。 やがて結婚し、月日が流れたある日、 「はる」という生物がやってきて……!?


他にも、宅配便のおじさんがマンションの階段を上り一部屋ずつノックしていく話、おじさんがお腹がすいたので、道に食べ物が落ちていないか探す話、おじさんが何もしないことに決めたけど、何もしないってなんだろう?と考えてるから何もしてなくないと葛藤する観念的な話など、いろいろあります。最近は「おじさんのことが好きになってきた」そうです。「おばさんは少し面白い」んだそうです。いつか、つまらない話を絵本にするのが、今の私の夢です。