第8回「記念日」

日々イラストやコラムを描き、 人々を楽しませ“大人の世界”を 生きてきた五月女ケイ子。 やがて結婚し、月日が流れたある日、 「はる」という生物がやってきて……!?


ついに40になりました。30になるときは「わ、どうしよう!」と思ったものですが、40突入は、むしろ楽しみで仕方ありません。思えば、20代30代と、ずいぶん突っ走ってきたから、もうがんばるのはおしまいにして、これからは「がんばった貯金」を食いつぶしつつ、自分にご褒美だけ与えながら生きていこう。そう思っています。そして、この人生の傍らにはるがいてくれることは、何ものにも代えられないご褒美だなと思っているわけなのです。