さめ先生が教えるサメのひみつ10仲谷 一宏

さめ先生が教えるサメのひみつ10仲谷 一宏

さめ先生が教えるサメのひみつ10仲谷 一宏

¥1,500

口が下向きなのはなぜ? 歯がどんどん生えかわるってホント? サメにはおちんちんが2つあるの? 北大名誉教授が子供たちのために書き下ろした、わかりやすくておもしろい本格サメ解説書。

商品カテゴリー: 商品タグ: ,
(表示は本体価格です)

〈Content〉

口が下向きなのはなぜ? 
歯がどんどん生えかわるってホント? 
サメにはおちんちんが2つあるの? 


サメは魚でありながら、ほかの魚とはちょっと違う。
強く、カッコよく進化したサメたちのひみつを、
北大名誉教授の“さめ先生”がやさしく解説します。


泳ぐのに邪魔そうな不思議な形の頭のひみつ、小さな口で大きな獲物を仕留められるひみつ、一生生えかわり続ける歯のひみつ、暗闇で光る眼のひみつ、わずかな血の臭いも嗅ぎつける鼻のひみつ、穴がなくてもよく聞こえる耳のひみつ、タテに並んだ5つのえらのひみつ、それぞれの役割を担った鰭のひみつ、高速で泳げる鱗のひみつ、魚なのになぜかもっている2つのおちんちんのひみつ。
第1章では、サメの強さとカッコよさのひみつを、体のパーツごとに詳しく説明。貴重な標本写真や図も満載で、小さなお子様はもちろん、サメ初心者の入門書としても楽しめます。

サンプルページ1

サンプルページ1

サンプルページ2

サンプルページ2



世界の海を見わたすと、いろいろなサメが泳いでいます。動物を食べるサメ、プランクトンを食べるサメ、尾びれを武器に使うサメ、頭で舵をとるサメ、海底を歩くサメ、お腹を風船のようにふくらませるサメ。
第2章では、世界のおもしろいサメたちをご紹介。いまだカメラにとらえられていない不思議な行動や生態については、『絶滅した奇妙な動物』シリーズを手掛けた川崎悟司先生にお願いし、著者監修のもと躍動的なシーンを再現してもらいました。
サンプルページ3

サンプルページ3



解説に登場するサメたちは、標本写真だけでなく、海で泳ぐカッコいい姿も掲載。また、シャークアタックの実態や海で遭遇したときの対処法、サメ研究者になるための心得、新種発表の舞台裏など、サメ研究50年の著者ならではの楽しいコラムも充実。見ても読んでも楽しい1冊です。
サンプルページ4

サンプルページ4


 

◆本書内容◆

第1章 サメの体 10のひみつ
サメの体のしくみ
ひみつ①あたま いろいろな形/サメの第六感
ひみつ②くち ジョーズとは「あご」のこと/あごの進化
ひみつ③は 歯はうろこ!?/サメの歯はコワイ?/昔と今のサメの歯は?/食事のマナー/一生に生える歯は6万本
ひみつ④め よく見える眼/光る眼/眼をまもる
ひみつ⑤はな 鼻はどこにある?/わずかな血のにおいも嗅ぎつける
ひみつ⑥みみ 耳はどこにある?
ひみつ⑦えら えら呼吸/サメ? エイ?/不思議なえら孔の数/えら孔の役割
ひみつ⑧ひれ ひれの種類と数/尾びれ/胸びれ/腹びれ/背びれ/臀びれ
ひみつ⑨うろこ サメ肌/鱗の役割/速く泳げるひみつ/こんな使い道もあり
ひみつ⑩おちんちん おちんちんがある魚/子どもの育て方

第2章 世界のおもしろいサメ
いろいろなサメ/ダルマザメ/マオナガ/メガマウスザメ/アカシュモクザメ/マモンツキテンジクザメ/オオテンジクザメ/ホホジロザメ/ジンベエザメ/ナヌカザメ/ミツクリザメ

◆著者プロフィール◆

仲谷一宏(なかや かずひろ)

1945 年生まれ。北海道大学名誉教授。北海道大学大学院水産科学研究科博士課程修了。水産学博士。日本板鰓類(サメ・エイ類)研究会会長。気仙沼シャークミュージアム名誉館長。
近年は「さめ先生」として、テレビ番組や講演会で活躍。Youtubeにて「さめ先生のサメの歌」を配信中。