ヨコ書き 学問のすすめ 福沢 諭吉 著 ・河本 敏浩 現代語訳

ヨコ書き 学問のすすめ  福沢 諭吉 著 ・河本 敏浩 現代語訳

ヨコ書き 学問のすすめ 福沢 諭吉 著 ・河本 敏浩 現代語訳

¥1,200

なぜ人は学ぶのか? 発行累計460万部! 日本人が読んでいる本ナンバーワンが、ついにヨコ書きで登場。わかりやすく、読みやすい現代語訳。松岡修造さんも推薦!

商品カテゴリー: 商品タグ: ,
(表示は本体価格です)

〈Content〉

日本人が読んでいる本No.1が、ついにヨコ書きに

この本には、学ぶ人・働く人にとって大事なことがすべて詰まっています。口だけではない、すさまじい行動力と判断力にあふれた福沢諭吉のでっかい人生を感じることができるのが、 この近代日本の大ベストセラー(累計発行460万部)です。

読めば、やる気が出る!

本書は、100年に一度の時代の変わり目に立つ日本人に向けて、福沢諭吉の思いを、ヨコ書きにして、わかりやすく翻訳しました。この本に書かれているのは、時代を超えて響く言葉であり、賢く正しく、そして日本人として生きていくための糧となるものです。

福沢先生の本を読めば“本気”にならざるを得ない。『学問のすすめ』は僕にとって、まさに自分を知ること!自分の力量を知るためにも、たくさんの人にもう一度手にしてほしい。

松岡修造さん


なぜ人は学ぶのか? それは君が生きるため、君が自立するためだ。だから地位や生まれと関係なく、君は学問に取り組まなければならない。がんばって学んだら、どんな仕事に就いても存分に力を発揮し、一人前の仕事ができるはずだ。よく考えてほしい、難しいことではない。ここに示したことが、この世界で君が自立して生きていくための大切な宿題だ。

(本文より)
河本 敏浩

教育コンサルタント、予備校講師。1967年4月20日生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業、同志社大学文学研究科新聞学専攻修士課程修了。大学卒業後は、現代文・小論文の講師として活躍。衛星放送、スカイパーフェクTVなどで多数の講座を担当。2008年より(株)学習研究社、新教材『マイガク』製作チームリーダーとなる。2009年3月には社団法人・全国学力研究会の理事長に就任。また、年間70校以上で講演を行なっている。対象は教員、保護者、高校生で、中退者が多数出る高校から東大に合格者を出す高校にいたるまで、活動の場は多岐にわたる。口ぐせは、「おもしろいこと話していいですか?」「でっかく生きましょう!」。


現代語訳者の河本先生による、現代語訳者の河本先生による『ヨコ書き 学問のすすめ』PV (福沢諭吉のでっかい人生が学べます)