ママの仕事はデリヘル嬢 長谷川 華 著

ママの仕事はデリヘル嬢  長谷川 華 著

ママの仕事はデリヘル嬢 長谷川 華 著

¥1,429

生きる術は、それしかありませんでした――電気もガスも止められた翌日、子どものお腹を満たすためデリヘル嬢となったシングルマザーは、いかにして広島 No. 1 <カサブランカ・グループ>の女社長となったのか? 

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

知っているようで知らない、
デリヘルの世界を描いたリアルすぎる手記!

(わたしの値段は、1時間で7000円なんだ)

 体を開いて受け取る報酬としては安いの? 高いの? 考えたところでわかるわけがない。でも、少なくともコンビニでのアルバイトの時給と比べると、10倍近い金額です。1日立ちっぱなしで働いてもらうお金を、わずかな時間で手に入れた! これで公共料金を支払えば、今夜は温かい食事ができる。子どもたちが寒さに泣くこともない……。この事実に気づいた瞬間、手に力が入り、お札がカサリと乾いた音を立てて潰れました。

「第一章 私がデリヘル嬢になった昼下がり より」


目次

第1章 わたしがデリヘル嬢になった昼下がり
第2章 音楽が大好き! ~オーケストラを夢見た子ども時代~
第3章 彼はわたしの王子さま ~恋をすると一直線だった少女時代~
第4章 あいつには堕胎させるから ~幸せから一転、泥沼の離婚劇~
第5章 「ママをいじめるな!」 ~デリヘル転向前夜のDV&激貧生活~
第6章 マリちゃんのリコーダー ~現役デリヘル嬢時代の思い出~
第7章 子宮筋腫を発見 ~デリヘル嬢から女性経営者に転身~
第8章 ドアの向こうで待っていたのは… ~デリヘル珍事件集~
第9章 わたしは彼女たちの姉です ~困ったちゃんなデリヘル嬢たち~
第10章 デリヘルがあったから、生きてこられた

高橋がなり氏推薦!
大きな矛盾を抱える性産業。幸せになるために労働した結果、不幸になる可能性を含んでいるからである。いまの生活のための収入が、将来の生活を規制する場合があるからだ。だが、デリヘル嬢という職業がベストではないがワーストでないことにも気づかされた。

長谷川 華
総勢350人の女の子を抱える、広島1のデリヘルグループ<カサブランカ・グループ>の代表。ほんの一日のアルバイトのつもりが、いつしか携帯電話を5台も持ち歩くバリバリの女社長に。二児の母。

http://casa-g.info (カサブランカ・グループのHP)
http://blog.casa-b.jp (長谷川華のオフィシャルブログ)