変な給食 幕内 秀夫

変な給食   幕内 秀夫

変な給食 幕内 秀夫

¥1,333

全国の変な給食を写真で紹介! 親子で読みたい!!
衝撃! 爆笑!! 鳥肌もの!!!

これがいまどきの学校給食だ

雑煮と食パン? 黒糖パンに味噌汁? コッペパンとみたらし団子? ジャムトーストに酢豚?「先生! 私たち、ふつうのご飯が食べたいです!」

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

もう十年以上も前の話になります。娘が小学校に入学して、しばらくたったとき、「給食の献立表」を持って帰宅しました。何気なくそれを見て、愕然としたことを今でもはっきり覚えています。一ヶ月の献立の中に、ハンバーガー、ホットドッグ、ピザ、ラーメン、菓子パンなど。まるで、ファーストフードのオンパレード。ごはんにみそ汁がついた献立は、ほとんどありません。

 六年間もこんな給食を食べたら、健康問題だけではなく、味覚形成の上でも非常に大きな影響があると考えました。このような献立になれてしまったら、普通の食事では満足できなくなる可能性があると思ったのです。小遣いを持つようになったら、毎日、ファーストフードに行くことに違和感を持たなくなってしまうだろうと考えました。学校給食には、家庭とはちがった意味もあると思います。クラスの友達と一緒配膳したり、盛り付けたり、後片付けをする。集団生活を学ぶ上でも、大切な意味があるだろうと思いました。しかし、それらの利点を差し引いても、あまりにもひどい。多少なら目をつぶったかも知れません。どのように考えても、限度を超していると考えました。

 本人も交えて、夫婦でこのことを話し合いました。その結果、弁当を持参することに決めました。毎日、弁当を作る妻は大変だったと思います。そして、クラスの皆が給食を食べるとき、一人だけ弁当を食べる。給食よりも弁当のほうがいい内容になったとしても、そのことによる娘の精神的な負担が大きくなったりしないだろうか。いつもそのことが頭から離れませんでした。しかし、担任の先生にも恵まれたのだと思います。親の心配をよそに、何事もなく弁当持参を続けました。ただし、集団生活を学ぶ大切さも配慮して、小学五年、六年になったときには、献立を見て、給食を食べる日も設けました。今でも、それが良かったのか考えることがあります。その後、同じような悩みを持っている父母がたくさんいることがわかりました。

 学校給食には「学校給食法」という法律があります。そこには、「児童生徒の心身の健全な発達に資し・・・」と書かれています。仮に、病院や社員食堂でハンバーガーやホットドッグがだされたらどうなるだろうか。と考えると、大変な騒ぎになるだろうと思います。教育委員会は、子どもたちにまともな給食を食べさせる義務があるはずなのです。それらの担当者に、本気で考えて欲しい。その思いから、一九九八年に「学校給食と子どもの健康を考える会」を発足させ、活動を始めました。その結果、心ある首長や教育委員会、給食担当者などに出会い、少しずつ改善されてきました。しかし、それはほんの一部に過ぎません。より多くの方に、成長期の大切な時期に、子どもたちは何を食べさせられているのか。考えていただきたい。その思いで、本書を上梓することにしました。

――――――――幕内秀夫 (本書序文より)

幕内 秀夫 (まくうち・ひでお)

1953年、茨城県生まれ。東京農業大学栄養学科卒業。専門学校の講師を勤めるが、欧米模倣の栄養教育に疑問をもち退職。日本列島を歩いて縦断、横断などを重ね、「FOODは風土」を提唱。伝統食と健康の研究を行う。帯津三敬病院などで食事相談をするほか、プロスポーツ選手の食事指導、企業の社員食堂、幼稚園・保育園の給食改善、そして食生活に関する講演会や執筆など、精力的に活動。「フーズ&ヘルス研究所」主宰、「学校給食と子どもの健康を考える会」代表。

http://www8.ocn.ne.jp/~f-and-h/


お詫びと訂正

 拝啓 盛夏の候、皆様におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

 さて、この度、弊社発行 幕内秀夫著『変な給食』の三三頁の文章の内容について、堺市教育委員会事務局の方から、「堺市では幕内氏に講演会を依頼したことはない」旨ご指摘を受けました。その後、再調査をしましたところ、著者に講演を依頼し、その後キャンセルをしてきた団体は堺市教育委員会とは無関係であることが判明いたしました。本の内容については、充分精査いたしましたが、今回、編集部の認識不足により、堺市教育委員会及び関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを、ここにお詫びし、訂正させていただきます。
敬具

2010年7月
(株)ブックマン社 編集部
編集長 小宮亜里



変な給食