産科女医が35歳で出産してみた 宋 美玄 著

産科女医が35歳で出産してみた  宋 美玄 著

産科女医が35歳で出産してみた 宋 美玄 著

¥1,333

セックスについて語り尽くした宋美玄が遂に母になった! 知識では知っていたものの、身をもって経験した「高齢出産」のリアルとは!?

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

女には、35歳の壁がある。

『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズがベストセラーとなり、「セックスのオピニオンリーダー」としてメディアで大人気となった宋美玄。女性の身体についてはもちろん、妊娠・出産においても知識では知りすぎるほど知っていた彼女だったが、実は初めて妊娠したのは35歳の時だった。「高齢出産」にカテゴライズされると知りつつも、35歳で産んだ理由、そして身をもって体験した「高齢出産」のメリット、デメリットとは?

「何かを捨てなきゃ子どもがもてない」というのは大間違いだった!

何千という妊娠・出産を見てきた産科女医・宋美玄が、35歳で初妊娠し、2012年元旦に長女を出産するまでの日々を赤裸々に綴る。自身の身体に次々と起こる変化を冷静に分析しながらも、重いつわりや予想外の出来事に悪戦苦闘。いまや妊婦の1割が患うという妊娠糖尿病にもなり、女医として仕事も続けながらハードな妊娠生活を送った。その末に出会えた小さな命。知りすぎた産科女医が辿り着いた、「女が子どもをもつということ」とは…!?

不妊治療の末に赤ちゃんを授かった東尾理子さんとのスペシャル対談も収録!

「胎児にダウン症の可能性がある」と発表して話題を呼んだ東尾理子さんとの赤裸々トークも収録。出産直前の東尾さんと、妊活や高齢出産、夫婦生活などについて本音を語り合った。本書では卵子の老化、男性不妊、不妊治療、出生前診断、クアトロテストなど、いまアツい妊娠・出産に関するトピックを総ざらい! 「いつかは産みたい」と思っている女性たちに伝えたい、現役の産科女医としての見解、そして身をもって経験した「35歳の出産」がここに!!

産科女医が35歳で出産してみた

Contents

妊娠初期 1~4ヶ月(0~15週)
35歳の誕生日/やってみた/惑星直列、きたっ!!/母に話してみる/流産のリスクは誰にでもある/低血糖発作が起きる!/つわりらしいつわりが始まる/母子手帳をもらいに/妊婦はうっとうしい存在か?/熱っぽい日々/それでも発表が早すぎた?/マタニティマークをつける/これが20代だったら…/子どもを産めなきゃ結婚を認めない?/低下していく筋力/妊婦の歯の健康/女の子??/女友達だからこその気遣い/終わらないつわり/赤ちゃんの鼓動/ちょっぴりお酒/妊婦のブラジャー事情/クアトロテスト/頻尿になる/クアトロテストの結果 …and more!

妊娠中期 5~7ヶ月(16~27週)
3便秘と腹痛/胎動が始まる/体重と体脂肪/人生が変わるよ、という台詞/放射能への不安/経産婦として/足を冷やす/毛が嫌だ/涙もろい/骨盤ベルト/足がつる/産科女医の子育て/女の子の育て方&産み分け/細菌性膣症/痔になる/うのちゃんのヒール/口がでかいかも/胎動で会話/食欲がわかず…/出産は性的快楽か?/分煙じゃなくても…/我が子の名前/子どもが好きじゃないといけないの?/女の子の容姿/筋腫発見!/カンジタ発見!/やっぱり妊娠糖尿病!?/ちゃんと産んであげる、とは?/75gOGTT/妊娠糖尿病/インフルエンザワクチン/坐骨神経痛 …and more!

妊娠後期 8~10ヶ月(28~39週)
産む場所/おへそが消えた/腹圧性尿失禁/血糖値の傾向/いろんなところを蹴るんだね/なで肩は安産?/無痛分娩希望は根性なし妊婦か?/足つり防止アイテム/同級生の出産に立ち会う/頸管長/妊婦女医は妊婦に甘い!?/入院を言い渡される/これってパワハラかな?/胎児プログラミング/里帰り談/鉄の頸管?/アートメークと美容院/膣培養の結果…/おっぱいマッサージ/料理がしんどい/血圧が上昇中/糖尿病内科/いてくれるだけでいい/ようやくカウントダウン/出産しました!/母乳のこと/血糖、血圧 その後/パパと赤ちゃん …and more!
スペシャル対談

宋美玄×東尾理子「私って高齢出産だったの!?」対談


「まえがき」より

何千という妊娠・出産を見てきた私ですが、自分の体を自分で診察できるのは、もちろん初めてです。リアルタイムでどんな症状が出るか、どんな気持ちになるか、「職業柄、貴重な記録になるかも」と思ったのです。そしていま改めて、妊娠出産について良いことも悪いことも知りすぎている私の、こわごわかつ大胆な妊娠生活を綴ったこの原稿を読み返してみると一般のマタニティブログやタレントさんのブログとはトーンが全く違うなぁと思います。 


宋 美玄 (ソン・ミヒョン)

1976年兵庫県生まれ。産婦人科専門医。日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本思春期学会、日本性科学会、日本性機能学会、日本母性衛生学会会員。大阪大学医学部を卒業し、産婦人科医に。川崎医科大学で講師を務めた後、ロンドンで胎児超音波の研鑽を積む。現在、産婦人科医として川崎医科大学で臨床と研修に携わりながら、首都圏のクリニックで産婦人科診療やカウンセリングを行う。女性の身体や性生活、妊娠・出産等についての啓蒙活動にも積極的に取り組み、TVや雑誌等で活躍中。『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』『女医が教える本当に気持ちのいいセックス 上級編』(ともにブックマン社)が累計65万部を超えるベストセラーに。『いつかお母さんになるあなたへ』(ロハスメディカル)、『産科女医からの大切なお願い~妊娠・出産の心得11カ条~』(無双舎)など著書多数。

http://puerta-ds.com/son/