たった1年で20キロ痩せた男のダイエットルール菰田 欣也 : 著

たった1年で20キロ痩せた男のダイエットルール菰田 欣也 : 著

たった1年で20キロ痩せた男のダイエットルール菰田 欣也 : 著

¥1,400

「食」を仕事にして25年。気づけば100キロを超えていた中華の一流シェフが、1年で20キロの減量に成功! 大好きな「食べること」をやめず、生活スタイルも変えず、身も心もスマートに、健康的に痩せたそのルールとは? 
「ダイエットは食べてこそ」「ダイエットに周りを巻き込まない」など、成功者が語るカッコいい大人のダイエット論!

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

「俺はダイエット中でも、出されたものは全部食うよ」
よく働き、よく食べ、よく太る――気づいたら100キロを超えていた男 ( 40代 ) は生活スタイルを変えることなく、いかにして20キロもの減量に成功したのか? 体型と健康が気になる、働き盛りの男たちへ

――僕は、食べることが大好きだ。仕事で試食もするし、味見もする。シェフの友人も多く、彼らのレストランに顔を出しては、おいしい料理をいただく。それに、部下や家族との食事は、コミュニケーションのひとつで、僕の人生に絶対に大切なもの。こうした自分の生活スタイルは変えられない。それでも、ダイエットに成功した。
いつもは痩せても必ず体重が戻っていたけれど、今回は違った。ダイエットのやり方を身に付けた今は、さらに5キロは痩せられる、とも思っている。
(あとがきより抜粋)

本書の内容

◆「和田式」9品目ダイエットを俺流にアレンジして実践 !

「和田式」が提唱する9品目(肉・魚・野菜・豆・卵・乳製品・海藻・貝・油)を参考に、1回の食事でなるべく多くの品目を揃え、栄養バランスの良い食事を実行。肉も揚げ物もマヨネーズもOK!な、夢のような食事法かと思いきや、炭水化物と甘いものは基本NG。仕事柄試食や味見が日々欠かせず、深夜に夕飯を(たっぷり)食べる著者が、いかにしてこの食事法を攻略したのか。また、外食やコンビニでも無理なく実践できた驚きの工夫とは?

※「和田式」ダイエットとは
肉・魚・野菜・豆・卵・乳製品・海藻・貝・油の9品目を食事のたびにとる独自の食事法をメインに、週1回の運動、同じく週1回の入浴法、食事と食事の間の活動タイム(仕事の時間)の過ごし方、体のコンディションをととのえる休息法といった5つの柱を基本とした、トータルバランスで痩せるダイエット法。昭和33年に故・和田静郎氏が完成させ、現在まで長く支持されている。



◆「ダイエットは痩せたその先にあるイメージを達成すること」

ただ体重を落とすのではなく、痩せてどうなりたいのかを具体的にイメージすることが、ダイエットのモチベーションを保つコツ。ダイエットを義務や苦行のようにとらえず、ゲーム感覚で楽しく実践し成功させた著者が語る、「大人のダイエット」論。



◆プロ直伝!無理なくおいしく9品目がとれる「やせ飯レシピ」を10品収録

ページサンプル:ガッツリ食べて和田式9品目がとれる、大満足の餃子レシピ

ページサンプル:ガッツリ食べて和田式9品目がとれる、大満足の餃子レシピ

プロフィール

菰田 欣也 (こもだ・きんや)
1968年東京生まれ。1987年大阪あべの辻調理師専門学校入学。講師として来ていた陳建一氏と出会う。1988年赤坂四川飯店へ入社。2001 年セルリアンタワー東急ホテル内の「szechwanrestaurant陳 渋谷店」の料理長に就任。2008年四川飯店グループ総料理長に就任。2012年四川飯店グループ取締役総料理長に就任。2013年公益社団法人日本中国料理協会常務理事に就任。またこの年、中国の国家資格である中華中医薬学会「営養薬膳師」免許を取得。現在は総料理長を務める傍ら、専門学校や料理教室の講師、またイベントやテレビの料理番組等に出演するなど、活躍の場を広げている。主な著書に『菰田欣也のカンタン・チャイニーズ』(扶桑社)、『菰田欣也の中華料理名人になれる本』(柴田書店)など。


「和田式」監修  和田 要子(わだ・ようこ)
美容体育研究家。株式会社アッパー代表取締役社長。21歳のときに和田式指導者コースに入る。創業者・和田静郎、そしてその長男であり二代目の和田浩太郎の跡を継ぎ、ダイエット指導・健康指導にあたる。より美しく健康的に痩せる、その確実で丁寧な指導には定評がある。各界著名人の受講者も多い。主な著書に『フィギュアリング・ダイエット――和田式完全読本』(マガジンハウス)、『速効! 和田式一週間ダイエット―― なりたい体型に必ずなれる!』(王様文庫)、『和田式9品目ダイエット献立』(講談社プラスアルファ文庫)などがある。