マンガで読むメンタルクリニック診察室 心の病の治し方 岡田尊司:原作

マンガで読むメンタルクリニック診察室  心の病の治し方 岡田尊司:原作

マンガで読むメンタルクリニック診察室 心の病の治し方 岡田尊司:原作

¥1,300

母という病』『愛着障害』などで大人気の精神科医・岡田尊司作品、初コミック化!
心の悩みを解決する方法がマンガでわかる!

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

心を悩ませる問題の根源は、思わぬところにあった…!
名精神科医と、駆け出しの臨床心理士が
本人の気づかない“思いグセ”を紐解いていく…。
悩める人も、心理学に興味がある人にも役立つ1冊!


舞台は開院したてのメンタルクリニック。
心に悩みを抱えたさまざまな人が、今日も診察室に訪れる。
気づくと知らない場所にいるので困っていると訴える男性や、息子の非行に頭を抱える母親。
問題の根源は、本人が気づかないところに潜んでいた…!


ストレス過多の現代社会、心を病む人が急増中!
心療内科や精神科を受診する人の数は年々増え、年間230万人に(平成23年厚労省調べ)。
病院に受診していない人も含めると、潜在的なうつ状態の人はもっと多いとされています。
仕事や人間関係などで行き詰まった時、ひとりで抱え込まず、専門家に相談することで、思わぬ解決策が見えてきます。

「でも、メンタルクリニックって、どんなところ? どんな人が働いているの? 」
そんな疑問にも答えるべく、本書は、メンタルクリニックで働く新米の臨床心理士の目線で描かれます。
駆け出しの臨床心理士・美夢が、意外な才能を発揮しながら、名精神科医や仲間たちの診察に学んでいく成長物語。
臨床心理士や精神科ソーシャルワーカーなど、メンタルクリニックで働く人達の内情もわかります。
さまざまな人間模様が交錯するメンタルクリニック診察室。ハラハラドキドキしながら、楽しめる1冊!


キャラ

P34-35

P124-125


特別付録≪Q&A 岡田先生に聞くメンタルクリニック診察室 事情≫
P222-223

【著者プロフィール】
岡田尊司(おかだ・たかし):原作
1960年、香川県生まれ。精神科医。医学博士。東京大学文学部哲学科に入学後、医学を志し同大学を中退。
京都大学医学部を卒業後、同大学大学院で研究に従事しながら、京都医療少年院、京都府立洛南病院などに勤務。
発達障害、パーソナリティ障害治療の最前線で活躍。2013年、岡田クリニック(大阪府枚方市)開業。
同院院長、大阪心理教育センター顧問として、人々の悩みや不安に向き合っている。
著書に『パーソナリティ障害』(PHP新書)、『愛着障害』(光文社新書)、『母という病』(ポプラ新書)、『人間アレルギー』(新潮社)など多数。
小説家・小笠原慧としても活躍し、作品に横溝賞を受賞した『DZ』(角川文庫)などがある。                                   

※本書は小笠原慧『あなたの人生、逆転させます 新米療法士・美夢のメンタルクリニック日誌』(新潮社)の二話分を原作にしています。

サノマリナ:作画
明治大学文学部卒業後、漫画の編集プロダクションに勤務。退社後はフリーの漫画家・編集者として独立。現在は漫画家として広告や書籍の仕事に携わる。