痛くない死に方長尾和宏

痛くない死に方長尾和宏

痛くない死に方長尾和宏

¥1,000

2000人の最期を看取った医師だから言えること。
〝痛くない〟〝苦しくない〟人生の終わり方とは?

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

がん終末期、老衰、認知症終末期、臓器不全、心不全、肺炎……
なぜ楽に逝けたのか? 
今まで誰も言わなかった“痛くない”“苦しくない”人生の終わり方。


私は在宅医として、末期がんの患者さんは9割以上、
非がんの患者さんは半分位の確率で、家で看取ることになります。
在宅での看取りの直後、ご家族は必ずこう言われます。

「思ったよりずっと楽に逝きました。苦しくも、痛くもなさそうでした。ありがとうございました」

ご自宅での臨終では、苦痛に歪んだ顔をして旅立たれる人を私は見たことがありません。
でも、「死」というものは必ず「痛み」とセットであると考えている人が多いのです。
平穏死という視点から「痛くない死に方」をできるだけ分かりやすくまとめました。


ある葬儀屋さんがこんなふうに言っていました。                    
「自宅で平穏死した方のご遺体は軽い。                         
でも、大学病院で亡くなられた方のご遺体はずっしり重いんです」                                     
実は、枯れて死ぬ最期(平穏死)と、溺れて死ぬ最期(延命死)では10キロ以上の体重差があるのです。                            どちらが痛くて苦しいかは……言うまでもありません。


【本書の内容】
●プロローグ あれから4年、「日本人の死に方」は変わったのか?
●第一章  大橋巨泉さんでも叶わなかった「痛くない最期」
 用意周到だったはずの死の準備。しかし、思わぬ結末が……

●第二章  平穏死、尊厳死、安楽死
 欧米の安楽死。日本では犯罪?/日本はいいよね! 自殺が許されているから!?/枯れて死ぬ=平穏死が、
いちばん痛くない死に方/ そもそも延命治療って何?/ハッピーな胃ろうとアンハッピーな胃ろうとは?/
胸水・腹水は抜かずに「待つ」。そのほうが苦痛がない/ お餅を喉に詰まらせたとき、救急車は呼ぶべきか?/
痛みを和らげるために…医療用麻薬は怖くない!/今でも忘れられない、痛すぎた延命死/魂の痛みとは何か?

●第三章 「長尾先生、思ったより楽に逝きました」……それが平穏死              
 がん終末期の場合/老衰の場合/臓器不全症の場合/認知症終末期の場合/人工透析と人工呼吸/
 自宅で生活するという「モルヒネ効果」/ 病院より家のほうが痛くない!?/
 趣味ざんまいの療養で痛みを軽減/痛みに合わせて麻薬を増量。最期は友人に囲まれて…

●第四章 おさらい! 平穏死 10 の条件                         
 第1の条件「平穏死できない現実を知ろう」/第2の条件「看取りの実績がある在宅医を探そう」/
 第3の条件「勇気を出して葬儀屋さんと話してみよう」/第4の条件「平穏死させてくれる施設・病院を選ぼう/
 第5の条件「年金が多い人こそ、リビングウイルを…」/ 第6の条件「転倒→骨折→寝たきりを予防しよう」/
 第7の条件「脱水は友。胸水・腹水は安易に抜いてはいけない」/第8の条件「緩和医療の恩恵にあずかろう」/
 第9の条件「救急車を呼ぶ意味を考えよう」第10の条件「医師法20条を誤解するな!」/
「死の壁」……死ぬとき、人はどうなるのか?

2017年1月27日、長尾和宏医師が講演会を開催します

【著者プロフィール】
●長尾和宏(ながお・かずひろ)
医学博士。医療法人社団裕和会理事長。長尾クリニック院長。一般社団法人 日本尊厳死協会副理事長・関西支部長。日本慢性期医療協会理事。日本ホスピス在宅ケア研究会理事。全国在宅療養支援診療所連絡会理事。一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会理事。一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会代表理事。関西国際大学客員教授、東京医科大学客員教授。              
『薬のやめどき』『抗がん剤 10の「やめどき」』『ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!』『家族よ、ボケと闘うな!』『親の「老い」を受け入れる』『長尾和宏の死の授業』『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』(すべて小社)など著書多数。