男性機能の「真実」永井 敦

男性機能の「真実」永井 敦

男性機能の「真実」永井 敦

¥1,400

泌尿器科の名医による、読むだけで下半身が強くなる本!

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

週に2回のセックスで、心筋梗塞と脳卒中の予防ができるって本当!?
…本当です! 皆さん、死ぬまで、接して漏らしましょう。


ED治療の大家が教える! 
読んで楽しい、メンズヘルスの入門書。

「死ぬまでセックスは、誰でも可能」
「週2回の射精で健康維持、長生きできる」
「80歳代でもED治療をしている」
「不倫をしている人は腹上死に注意」

—中高年男性が勃起と射精を維持することは、医学的に見てもとっても大切。
勃起が維持できなくなると、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まります。
射精能力をずっと維持できている男性が長生きをします。
男性が元気であれば、パートナーも幸せになります。
何歳になってもカップルで、リラックスしたセックスができるということが理想です。
ですから、本書は男性ばかりでなく、男性のことを知りたい女性も気楽に読めて、
ああそうだったのか……という、目からウロコの下半身的知識が得られるような内容を目指しました。
                                 著者・永井敦(医学博士)


≪Dr.永井による、熟年カップルがセックスを楽しむための10ヵ条≫
1 言葉を大切にする。
2 ゼリーを使う。
3 アダルトグッズを使う。
4 五感を駆使する。
5 時にはホテルを使う。
6 ED治療薬を使う。
7 下半身にいいサプリを飲む。
8 「週2」を維持する。
9 挿入にこだわらない。
10 手や口をすべて使って愛撫する。

【目次】
<PART1 医学が語る男の性>
1.接して濡らそう
2.勃起の真実
3.射精の真実
4.男と女の分かれ道

<PART2 性生活とアンチエイジングの素敵な関係>
1.男性ホルモンの不思議
2.勃起は健康のバロメーター
3.不倫は医学的にも危険?
4.ED治療薬の真実
5.大切なパートナーとの大事な時間

<PART3 ED治療とアンチエイジング 男性医学最前線>
1.ED治療薬で健康に
2.ED治療薬が飲めない、効かない人はどうする?
3.男性ホルモン補充療法の実際
4.EDとおしっこの意外な関係
5.自分でできる下半身管理
6.下半身にまつわる怖い話

<PART4 カップルで長生きしよう>
1.パートナーを大切にしよう
2.がん治療と性の諸問題
3.素敵なカップルライフを築きましょう
セックスQ&A

永井敦(ながいあつし)
昭和57年岡山大学医学部卒業。
同大付属病院にて医学部助手、医学部・歯学部講師を務めた後、平成18年に川崎医科大学泌尿器科教授に就任。
前立腺肥大症をはじめ泌尿器科学を専門とし、できるだけQOLを落とさない最先端のレーザー治療や、
腹腔鏡下手術などを取り入れた最新治療に取り組む。
ED治療、メンズヘルスの第一人者として、各メディアで活躍中。
ユーモラスで親しみやすい切り口で性機能を語ることに定評がある。
監修した本に『愛が深まるセックス体位365』(小社刊)など。