呼吸で10歳若返る。脳も体もよみがえるメディカルタイチ白澤卓二

呼吸で10歳若返る。脳も体もよみがえるメディカルタイチ白澤卓二
new!

呼吸で10歳若返る。脳も体もよみがえるメディカルタイチ白澤卓二

¥1,300

アンチエイジングの大家がいま注目するメディカルタイチ(太極拳)のすごい効果!

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

若返りブームの仕掛人・白澤先生が次に推す「メディカルタイチ」
その理由は…健康効果に医学的根拠があると認められたから!

これほどの健康効果が認められている運動はなかなかありません。         
高齢者は転倒や骨折をきっかけに寝たきりになってしまう人が多いですが、それを防ぐためにも太極拳は最適です。
ゆっくり動く運動であること、道具も不要で、どこでもできることも高齢者に向いています。                              
また、注目すべきは「呼吸」です。
普段意識することのない呼吸ですが、若々しい体と脳でいるために、とても重要な役割を果たしています。
呼吸法を変えるだけで、心身の不調が整うとも言えます。
人は40代を過ぎると、呼吸がだんだん浅くなってしまいますが、深い呼吸を行うことで若返ることができるのです。                
深い呼吸を身につけ、さらに太極拳で体を動かすことで、健康長寿が叶います! 

ロコモ対策に「筋トレ」は間違っている!
三浦雄一郎さんのような“スーパー高齢者”になるために…

「筋トレ」には、転倒予防の効果はありません。事実、高齢者の転倒は減っていません。
スーパー高齢者の体を調べた結果、多少、動脈硬化があっても、骨が健康なら元気で長生きできるとわかりました。
骨の若さを保つには、長期間、習慣化して運動をしていることが重要なのです!

呼吸が深くなる+転倒予防になる+骨の若さが保てる→メディカルタイチが高齢化社会を支える!

逆腹式呼吸

若々しく長生きできる秘訣、家でできる太極拳が、この一冊でわかります!


≪目次≫
はじめに                       
なぜ今、呼吸とタイチなのか            

【第1部】生涯、健康で過ごすための呼吸法 
1 あなたは今、どんな呼吸をしていますか?      
2 呼吸を深くして若返る!               
3 「いい呼吸」の実践法として優れる太極拳        
4 太極拳の姿勢と動きは「いい呼吸」に直結している   
5 ゆっくりと動き続けるから健康効果が高い!      
6 太極拳は「動く漢方」――医療の世界からも注目されている
7 呼吸と運動の〝合わせ技〟で大きなストレス解消効果   
8 エビデンスに優れる太極拳                
9 「深い呼吸」によって「細胞の電池」が若返る        
10 中高年からの健康維持に最適! 一生楽しめる太極拳   

【第2部】太極拳を生活に取り入れる14のポイント          
1 ゆっくりとした動きの太極拳は筋肉がブレーキとして働きながら力を出す「エキセントリック・トレーニング」。   
2 エスカレーターやエレベーターは上がるときに使ってOK。下るときは歩きましょう。 
3 三浦雄一郎さんは「呼吸」によって極限の環境に適応していた。   
4 「生きがい」を頂点として「食事」「運動」の揃った三角形が長寿の秘訣。
5 〝スーパー高齢者〟の骨が若々しさを維持していたのは、体を動かし続けてきたから。
6 アディポネクチンが高ければ長寿も夢じゃない!            
7 太りすぎるとアディポネクチンが分泌されなくなってしまう。
8 太古から集団で狩りをして踊り、歌ってきた人類は、「みんなで同じことを行う」ことで脳の中に変化が生まれる。  
9 エンドルフィンは慢性の痛みを緩和する〝脳内麻薬〟。           
10 太極拳を楽しむ前に、菓子パンを食べるのは×。せっかくのエンドルフィンの働きが邪魔されてしまう。 
11 糖質を制限すれば、体は脂肪を分解して、もうひとつのエネルギー源、ケトン体を作り出す。
12 脂肪を分解してケトン体を作る「ゆっくり、低強度で長時間」の太極拳が効果的! 
13 怖い活性酸素を処理して体を守るのがケトン体の仕組みとは?      
14 太極拳を習慣化して「ケトン体体質」になると認知症のリスクが下げられる!
                     
【第3部】タイチ・エクササイズ超入門            
1 起勢                         
2 首を動かす
3 肩を動かす
4 腰を動かす
5 足上げ
6 足首回し
7 終わりの呼吸

あとがき                          


≪PROFILE≫
【著者】白澤卓二(しらさわたくじ)
医学博士。白澤抗加齢医学研究所所長。1958年神奈川県生まれ。千葉大学医学部卒業後、東京都老人総合研究所病理部門研究員、
老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て、2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。
寿命制御遺伝子やアルツハイマー型認知症の分子生物学を研究。国際メディカルタイチ協会会長。著書多数。


【監修】国際メディカルタイチ協会  http://imt-japan.org/