終わりなき危機 日本のメディアが伝えない、 世界の科学者による 福島原発事故研究報告 監修:ヘレン・カルディコット

終わりなき危機  日本のメディアが伝えない、 世界の科学者による 福島原発事故研究報告   監修:ヘレン・カルディコット

終わりなき危機 日本のメディアが伝えない、 世界の科学者による 福島原発事故研究報告 監修:ヘレン・カルディコット

¥1,800

世界を震撼させたベストセラー『CRISIS WITHOUT END』の日本版。
隠されているのは、高濃度汚染水だけではない!?
世界の科学者たちは、フクシマを、そして日本政府をこう見ている!

商品カテゴリー:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

医療・自然科学・生物学・工学・エネルギー学
……多角的な視点から、フクシマの未来を予測した衝撃の一冊!

福島第一での悲劇的な原子力事故から数年、世界中の主なメディアと著名政治家は放射線生物学に対して恥ずべき無視を決めこんでいた。
これに対して私は、2013年3月11日と12日、ニューヨーク医学アカデミーで、福島の医学的・生態学的影響についての二日間のシンポジウムを開催した。
幸い、世界有数の科学者、疫学者、物理学者、医師が集い、福島に関する最新のデータと研究結果を発表してくれた。
本書は、そこでの重要な発表を編集したものであり、原子力産業にも一般大衆にも知らされていなかった情報が含まれている。
―――監修者:ヘレン・カルディコット

【本書の内容より】 
「日本で原子力を進めてきた人たちには、さらなる悲劇を起こさない責任がある。問題は、彼らにその自覚が一向にないことである」―――小出裕章

「事故後、一年間で20ミリシーベルトまで放射能を浴びてもよいとされた日本人にとって、上昇した健康リスクとは」―――スティーヴィン・スター(ミズーリ大学臨床実験学科研究員)

「チェルノブイリの汚染のひどい地域にいる、オスの鳥の40パーセントが完全なる無精子か、死んだ精子少しいるかだけだった。さらにチェルノブイリの鳥は、脳が小さい。福島の野生生物の長期的見通しは、現時点ではわからない。結論を出すには早すぎる。だが日本の科学者たちによる最近の蝶の研究は、私たちのチェルノブイリでの発見と一致している」―――イアン・フェアリー(放射性生物学者、イギリス政府内部被曝リスク検討委員会 前科学担当書記)

「福島第一原発発電所の事故の原因は、アメリカにある。建設にかかわったエンジニアたちが1965年に犯した六つの致命的な設計ミスが、2011年、日本に最悪の事態をもたらした。四〇年も前から、いつか事故が起きることは予見されていた」―――アーノルド・ガンダーゼン フェアウィンズ・エナジー・エデュケーションの原子力エンジニア)

「放射線被曝の影響に男女差があるのは明らかだ。放射線によるがんの死亡率は、固形がんでは女性のほうが男性よりも37・5%高かった。幼児の被曝は大人の被曝と比べてがんの危険性が3~4倍高く、女児は男児の倍近い確率でがんになる可能性があった」―――ハーバード・エイブラムス(スタンフォード大学・放射線科名誉教授)

●目次●
はじめに
第1章●もっとも安全なエネルギー政策は原発をなくすこと
第2章●汚染された世界に生きる
第3章●驚くに値しないさらなる驚き
第4章●国会事故調査委員会の調査結果
第5章●放射性セシウムに汚染された日本
第6章●世界は福島の事故から何を学んだか?
第7章●電離放射線の生物系に及ぼす影響について
第8章●福島における初期の健康への影響
第9章●チェルノブイリと福島における生物学的影響
第10章●WHOとIAEA、ICRPがついた嘘
第11章●ウクライナ、リウネ州における先天性奇形
第12章●いつ何を知ったのか
第13章●使用済み核燃料プールと放射性廃棄物の管理
第14章●日本とアメリカにおける七〇年間の放射能による危険性
第15章●福島の事故後の食品監視
第16章●原子力時代におけるジェンダー問題
第17章●原子力施設から放出される放射線についての疫学調査
第18章●低レベル電離放射線の被曝によるがんの危険性
第19章●原子力発電の台頭と衰退
第20章●原子力時代とこれからの世代

監修:ヘレン・カルディコット
医学博士。オーストラリア出身。オーストラリアとアメリカの医学会に貢献し、またその間、ハーバード大学の医学部において、遺伝的嚢胞性線維症の治療、さらには、ハーバード大学医学部教員として小児科をめざす医学生の育成にあたる。レーガン大統領時代の1980年、核戦争の脅威からくる医学的影響に心を寄せるようになっていったのをきっかけに、グローバル予防医学の臨床実践へと専門を移す。また、「医学的見地から、原子力発電並びに核戦争がもたらす人体への影響」について、人々の認識を向上させることを主たる目的として、「医師としての社会的責任を追及するための組織」(総称PSR)を設立する。世界各国から23,000人の医師たちがメンバーとして集結。1985年、この組織は、「核戦争防止国際医師会議」(IPPNW)の傘下の元、ノーベル平和賞を受賞。その後、ヘレン・カルディコット財団を設立し、各職種に就く者の立場から「格」の存在を憂い、「放射能」が女性や子供たちに及ぼす人体的影響に関する研究結果をアピールし続ける。