皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

¥2,476

ドイツ製作の公式本「Danke, Schumi!」をついに翻訳出版
デビューから引退までの全記録がここに!

7度の世界タイトル獲得、F1通算91勝。空前絶後の大記録を打ち立て、長きにわたりF1ファンを魅了し続けてきたミハエル・シューマッハ。2006年、惜しまれつつもその華やかなドライバー人生に幕を閉じた彼の、デビューから引退までの全記録を網羅した決定版!数々の輝かしい記録はもちろん、幼少時代のエピソードや栄光の裏に秘められた思い、そして、これまで多く語られることのなかった弟・ラルフとの確執まで、ファン必読の内容となっています。また、本書ではあらゆる決定的瞬間の写真を多数掲載。F1運営組織最高責任者、バーニー・エクレストン謹製ならではの貴重画像が随所に散りばめられ、数々の名シーンを盛り上げます。ミハエル・ファンをはじめ、すべてのF1ファンに捧げる1冊!

商品カテゴリー:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

7度の世界タイトル獲得、F1通算91勝。空前絶後の大記録を打ち立て、長きにわたりF1ファンを魅了し続けてきたミハエル・シューマッハ。 本書は、2006年のミハエル・シューマッハ引退直後に、彼の母国ドイツのテレビ局である「RTL」が出版した『Danke, Schumi!』(直訳するなら「ありがとう、シューミー!」)の日本語版です。この機を得て、いわゆる“ミハエル・シューマッハ引退本”が数多く出版されました。その中でも、本書の特徴は、あらゆる決定的瞬間をフォローしていることにあります。例えば、2000年ベルギーGP。周回遅れのリカルド・ゾンタを真ん中に挟み、ミカ・ハッキネンがミハエルをオーバーテイクして首位に立った瞬間を捉えたカット。レース終盤にピットエリアから遠い地点で演じられたこのシーンは、多くのカメラマンが表彰式に備えてピット方向に帰還しているタイミングの出来事であり、正面から捉えた画像はまさに貴重です。また、本書には「さすが母国のテレビ局が出版したもの」と感心させられる内容も多数掲載。数々の輝かしい記録はもちろん、幼少時代の秘蔵エピソードや栄光の裏に秘められた思い、そして、これまで多く語られることのなかった弟・ラルフとの確執まで、ファン必読の内容となっています。

目次

スーパースター(バーニー・エクレストン)
親愛なるミハエル(ウイリー・クヌップ)
ひと目で分かる栄光の記録
記録破り
シューマッハの別れ
さよなら、シューマッハ!
家族思い
物言わぬ寄贈者
シューマッハをとりまくカートの世界
ミスター20%(ウイリー・ウェーバー)
両親
下積みからスターへ
かつての支援者たち
F1以前のシューマッハの成績
1991 エディーからフラビオへ
1992 セナとの激しいバトル
1993 ハイテクに敗北
1994 悲劇と栄冠
1995 完全無欠のタイトル
ベネトンでの同僚
ベネトン
1996 フェラーリ移籍の年
1997 クラッシュ
1998 タイヤ・バースト
1999 足の骨折
2000 フェラーリ初タイトル!
2001 兄弟喧嘩
2002 チームオーダー
2003 フィナーレ 震える一戦
2004 完全なる支配
2005 王者の交代
2006 ラストシーズン
フェラーリでの同僚
シューマッハのヘルメット
フェラーリ神話
赤の家族
モデルコレクション ショウケースに飾られるシューマッハ
離れゆく兄弟
ライバルたち
全世界チャンピオン
シューマッハの勝利 1991―2006

序文:バーニー・エクレストン


myg20_book1

myg20_book2

myg20_book3

myg20_book4

myg20_book5