〈recipe 10〉志賀島産魚と海老のフライ/切干し大根と高野豆腐の煮物

地産地消 ~晩秋~
天然の美味を満喫

麦ご飯
お味噌汁
志賀島産魚と海老のフライ
切干し大根と高野豆腐の煮物
ぬか漬け


今日は年に一度のお楽しみメニューです。秋から冬にかけて旬を迎える志賀島産のクマエビ(志賀島ではマエビと呼んでいます)と鰆のフライです。子どもたちも「エビフライ大好き!」と大喜びでした。クマエビの身は甘くて濃厚です。鰆はフライにすると味わい深く、白身がふわっとやわらかく揚がります。

年長さんは、自分たちが野菜を育てている畑から、小さな間引きかぶを収穫してきてくれたので、さっそく葉を落として丸ごとフライに。葉は、切干し大根と高野豆腐の煮物のトッピングにしていただきました。お味噌汁にも志賀島で採れた里芋を入れて、今日も海と大地の旬の恵みを子どもたちと楽しみました。
 


~ふたば幼稚園の給食室直伝レシピ~

志賀島産魚と海老のフライ

●材料(5人分)
鰆 適量
エビ 適量
地粉 適量
水 適量
パン粉 適量
塩 適量
揚げ油 適量


  1. 鰆とエビは軽く塩をし、バッター液(地粉 : 水 = 1 : 1目安で混ぜる)をつけ、余分な液を落としてパン粉をつける。
  2. 190℃の油で揚げる。

切干し大根と高野豆腐の煮物

●材料 (5人分)
切干し大根 30g(水で戻して食べやすい大きさに切る)
高野豆腐 3〜4枚 (水で戻して食べやすい大きさに切る)
人参 50g(細切り)
干し椎茸 3枚(細切り)
調味料 (みりん50cc・醤油 30cc)
出汁(いりこ・昆布・干し椎茸)350cc
かぶの葉 適量(茹でてみじん切り)


  1. 出汁と調味料をあわせた鍋に材料をすべて入れ、中火にかける。
  2. 煮立ったら弱火にし、人参が柔らかくなるまでを目安にしばらく煮る。
  3. 火を止めて味をふくませる。
  4. 器に盛りつけ、かぶの葉を飾る。