〈recipe 7〉和風ポトフ/蓮根とりんごのサラダ

野菜の旨味が調和して
体の芯までぽっかぽか

小豆おこわ
和風ポトフ
蓮根とりんごのサラダ


今日のおこわの小豆は、幼稚園の農業体験学習の先生の畑で収穫されたものです。
給食室では調理員もみんな、さやに収まる小豆を見てびっくり! 採れたての小豆は粒が丸々として新鮮で、すぐに柔らかく煮えました。
教室では先生方が、まだ青いさやの小豆と収穫どきの小豆の違いを見せて、子どもたちに伝えてくれました。
「小豆ってこんなふうにできるんだ!」
「青いさやの方が、おこわの小豆に似てるね!」
「お日様ってすごい!」
と、子どもたちは目を輝かせていました。自然の恵みが子どもたちの好奇心を刺激します。食べものがどこからやって来るのかを知る経験は、本当に素晴らしいですね。

例年より温かい日が続いていますが、今日は、もちもちの小豆おこわと和風ポトフで冬支度です。

~ふたば幼稚園の給食室直伝レシピ~

和風ポトフ

●材料(5人分)
じゃが芋、さつま芋 各100g
人参、牛蒡、蓮根 各100g
玉ねぎ 300g
大根 200g
エリンギ、しめじ 各100g
にんにく、生姜 各1片(みじん切り)
ローリエ 2枚(切れ目を入れて軽く炙ると香りが引き立ちます)
パセリ 適量
薄口醤油 80cc
みりん 50cc
酒 適量
塩 少々
梅酢 少々
オリーブオイル 適量
出汁 (昆布) 500cc(野菜の水分量によって調節して下さい。)


  1. 玉ねぎは大きめのくし形切りに、それ以外の野菜とエリンギは乱切りにする。しめじはほぐしておく。
  2. 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくと生姜を弱火でじっくりと炒め、にんにくが色づいたら酒を入れる。
  3. 2.に牛蒡を入れて炒め、香りがしてきたら梅酢を加えてよく混ぜ、ふたをして5分ほど蒸し煮にする。
  4. 3.にローリエと残りの野菜を重ね、みりんと出汁100ccを注ぎ、少量の塩を振って中火にかける。
  5. 野菜から水分が十分に出たら、残りの出汁を注ぎ、野菜が柔らかくなるまで煮込む。
  6. 薄口醤油を入れて調味し、器に盛りつけ、パセリを飾る。

PICK UP

給食では、あく抜きをしない代わりに、あくを旨味に変える調理をしています。牛蒡を調理する際に出てくる茶色の成分はポリフェノールで、抗酸化作用に優れた栄養素です。あく抜きをすれば、栄養も風味も一度に流れ出てしまいます。牛蒡は、ゆっくり炒めて蒸し煮を施すことで甘くなり、少量の梅酢を加えれば色止めもできます。野菜本来の持ち味を引き出すことで旨味がグンと増して、栄養を逃すことなくいただけます。


蓮根とりんごのサラダ

●材料 (5人分)
蓮根 250g(薄切り)
りんご 1/2個 (薄切り)
レーズン 適量
マヨネーズ 適量
はちみつ 適量
塩 少々
梅酢 少々


  1. 鍋にお湯を沸かして梅酢を入れる。蓮根を鍋に入れて食感が残る程度にさっと茹で、ザ
    ルに上げて冷ましておく。
  2. 1.とりんご、レーズンをボウルに入れ、塩、マヨネーズ、はちみつで調味して和える。

PICK UP

りんごの季節の到来です。秋から冬にかけて給食ではデザートはもちろん、サラダや白和えなどにもりんごが重宝します。
りんごは余分な熱を冷まし、乾きを潤してくれますので、発熱時の水分と栄養補給にもおすすめです。また、疲労回復や口内炎にも効果があるといわれ、無農薬栽培のものなら、皮ごと食べれば食物繊維が豊富に摂れますので、便秘解消も期待できます。
献立のサラダは、蓮根とりんごのビタミンCが、レーズンに豊富に含まれる鉄分の吸収を助け、相乗効果でカルシウムも補給できます。食べ過ぎは体を冷やしますので温かいメニューと組み合わせてご賞味下さい。