第22回「ムゲンダイ」

日々イラストやコラムを描き、 人々を楽しませ“大人の世界”を 生きてきた五月女ケイ子。 やがて結婚し、月日が流れたある日、 「はる」という生物がやってきて……!?


ままごとで「これ幾らですか?」と聞くと、大体「1円」と返ってきたり、お金の価値はまだまだわからないようで、そこもまた愛おしいです。この間なんか、お尻が100円で買えてしまいましたし、私のお尻は、パピコ1個と交換させられました。「そんな安っぽい女にはなるなよ!」と、心の中でツッコむお風呂上がりです。