認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか? 高井 隆一

認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか? 高井 隆一
new!

認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか? 高井 隆一

¥1,600

JR東海認知症鉄道事故を覚えていますか?
720万円の賠償請求をされた、死亡した男性の長男が今初めて闘いの全容を明かす!  

商品カテゴリー: 商品タグ:
(表示は本体価格です)

〈Content〉

線香の一本もないまま、ある日突然、JR東海から
720万円の請求書!
悪しき判例を残さぬため、息子は巨大企業と闘うことを決めた。
その全記録!


安心して介護ができる社会へ!
認知症の家族がいるすべての人必読。



JR東海認知症鉄道事故裁判とは?

愛知県大府市で2007年、認知症の男性(当時91)がJR駅構内の線路に降り列車にはねられて死亡。
事故から半年後、JR東海から家族に約720万円の損害賠償請求が送られてきた。長男の高井隆一氏(本書著者)は、当初は支払いはやむを得ないと思ったが、なんの話し合いも持たないまま請求を送り付けてきた先方の対応に疑問をもつ。
さらにその後、訴訟告知が送られてきたため法廷で争うことに。
一審・名古屋地裁は妻と長男に請求全額の賠償を命じ、二審・名古屋高裁は妻に約360万円の賠償を命じたが、2016年3月1日の上告審判決で、
最高裁は「家族に賠償責任があるかは生活状況などを総合的に考慮して決めるべき」とする初めての判断を示した。

そのうえで今回は家族に賠償責任はないと結論づけ、JR東海の敗訴が確定。
父親の介護期間よりも長い、8年にわたる裁判が終わった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちは、家族総動員で介護をしていました。JR東海がこんなやり方さえしなかったら、たとえば形だけでも線香でも持って挨拶に来てくれてさえいたなら、
訴訟になどなっていたはずがありません。 天下の大会社がこのように強硬に言ってきたら、大概の市民はびっくりして、借金をしてでも請求額を支払ってしまうでしょう。
事実、後日訴訟のなかでJR東海は「すべての案件で損害賠償請求を行い、ほとんどのケースにおいて相続人は、請求に応じて賠償しています」としています。
つまりJR東海には、強く出さえすれば必ず取れる、という成功体験と驕りがあったのでしょう。
しかし私たちは、このやり方に大変強い違和感を持ちました。(本文より)


【目次】
はじめに ある日突然、巨大企業に訴えられたら
第一章  8年目の逆転判決
第二章  父が帰らなかった日
第三章  家族総動員の在宅介護
第四章  突きつけられた損害賠償請求
第五章  訴訟に臨む
第六章  巨大企業の暴論と裁判所の無理解
第七章  報道と援軍の支援が始った
第八章  勝ち取った「家族に責任なし」
第九章  最高裁判決がもたらしたもの
第十章  私の父、家族

~息子と裁判を支えた援軍10人の寄稿文も収録!~
遠藤英俊 「主治医として、診療の経過と学んだこと」
森田(旧姓:中原)史恵 「認知症鉄道事故裁判への思い」
高見国生 「高井さんの勇気が、介護家族に大きな安心を与えた」
銭場裕司 「事故は誰の身にも起こり得る」
浅岡輝彦 「JR東海認知症高齢者事件を担当して」
田村恵子 「JR東海認知症高齢者鉄道事故訴訟を振り返って」
畑井研吾 「JR東海認知症高齢者列車事故訴訟を担当して」
宮島俊彦 「『認知症の人』が地域で生きる時代へ」
永田久美子「認知症とともに生きる現実と覚悟~高井さん父子が問いかけていること」
堤修三 「認知症者による事件事故に対する社会的対応」


【著者プロフィール】
高井隆一(たかいりゅういち)1950(昭和25)年、愛知県大府市生まれ。
1973年、中央信託銀行(現三井住友信託銀行)入社。取締役審査部長、執行役員不動産業務部長などを歴任。
2008年、認知症だった亡父の鉄道事故に関しJR東海より損害賠償請求を受ける。
2010年、提訴され、裁判の被告となる。
2015年、愛知県大府市にて亡父の跡を継ぎ不動産事務所を開設。
2016年、亡父の鉄道事故に関し最高裁にて逆転勝訴判決を得る。